SCSK、大容量データを高速バックアップ/リカバリできる製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、大容量データを高速バックアップ/リカバリできる製品提供


掲載日:2013/04/04


News

 SCSK株式会社は、大容量データの高速バックアップとリカバリを行なえる、FalconStor Software,Inc.(FalconStor)の「FalconStor CDP」を利用したBCP/DRソリューションパッケージ「SCSK FalconStor CDP Express」シリーズの提供を開始した。

 「SCSK FalconStor CDP Express」シリーズでは、3つのパッケージ「FalconStor CDP ストレージパッケージ」「RecoverTrac パッケージ」「サービスパッケージ」が提供される。「FalconStor CDP ストレージパッケージ」は、ローカルバックアップやリモートバックアップ用のパッケージで、保護対象データ容量に応じて、4つのモデル「4TB SASモデル」「8TB SASモデル」「12TB SASモデル」「20TB SASモデル」から適切なモデルを選択できる。

 「RecoverTrac パッケージ」は、システム自動復旧用のパッケージで、「FalconStor CDP ストレージパッケージ」のバックアップデータを利用して、RecoverTracサーバから仮想サーバを起動し、保護対象のサーバの自動復旧を行なう。「サービスパッケージ」は、オールインワンタイプのサービスパッケージで、「FalconStor CDP ストレージパッケージ」や「RecoverTrac パッケージ」を使用して、実際にバックアップやリカバリを運用できる環境構築を行なう。

 導入ステップに応じて必要なパッケージを組み合わせることで、BCP/DR対策を行なえる。パッケージ方式を採用したことで、将来にわたる投資額を明確化でき、計画的な導入を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 現状に合わせた最適化が必須!“バックアップ見直し”のススメ 【arcserve Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 最大12TBまで使い放題!リストア楽々、簡単バックアップ 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045969


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ