SAPジャパン、安全なモバイルコンテンツ管理ソフトウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、安全なモバイルコンテンツ管理ソフトウェアを提供


掲載日:2013/04/03


News

 SAPジャパン株式会社は、社内コンテンツの集中管理やセキュリティポリシーの強化を行なえ、利用者は時間と場所を問わず様々なモバイル端末を通じて社内コンテンツへアクセスできる、モバイルコンテンツ管理ソフトウェア「SAP Mobile Documents」の提供を開始した。

 「SAP Mobile Documents」では、複数のモバイル端末間でファイルを同期できる。ファイルはクリック操作でオフライン利用できるよう端末に保存され、端末がオンラインになった時に自動的に最新の状態に同期される。また、特定のグループ内でのファイル共有も容易に行なえる。共有したいファイルを共有フォルダに保存することで、グループの利用者間でファイルを共有できる。共有フォルダには、共有する利用者の範囲や期間、パスワードなどを設定できる。

 セキュリティ面でも、IT管理者が集中管理できるように設計されている。アクセス権限設定や、フォルダ単位のパスワード設定、有効期限設定など、セキュリティポリシーを細かく設定できるため、ファイル漏洩のリスクを軽減できる。また、同社のMDM(モバイル・デバイス・マネジメント)ソフトウェア「SAP Afaria」との連携にも今後対応することで、モバイル端末からアプリケーション、コンテンツまでを統合管理できるほか、利用者ごとやドキュメントごとのセキュリティポリシーの設定も行なえるようになる予定。

 コンテンツ管理システムを相互運用するための業界標準仕様“CMIS”(Content Management Interoperability Services)に準拠し、SDK(ソフトウェア開発キット)も公開されるため、他社のソリューションとも容易に統合できる。

 クラウド版とオンプレミス版が今回提供されるほか、ハイブリッド版も2013年第2四半期中に提供される予定。iPad/Windows/MacとHTML5対応ブラウザから利用でき、iPhoneやAndroidにも順次対応する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

クラウドコンテンツ管理 「ShareBase」 【Hyland Software】 働き方改革を“名刺管理”から始めると全社に定着しやすいのはなぜか? 【Sansan】 「WordPress」のGCP移行時に押さえたい、自社サイトに最適な配信方法の選び方 【grasys】 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 【Sansan】 ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 【Sansan】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
監視、管理を徹底し、セキュアな情報共有、コラボレーション促進を実現するクラウドコンテンツ管理。セキュリティを確保しつつ、ストレスなく手軽にファイルを共有できる。 働き方改革を“名刺管理”から始めると全社に定着しやすいのはなぜか? 「WordPress」のGCP移行時に押さえたい、自社サイトに最適な配信方法の選び方 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045928


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ