PSTC、パターンファイル更新不要の標的型攻撃対策の構築を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、パターンファイル更新不要の標的型攻撃対策の構築を提供


掲載日:2013/04/02


News

 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、ウイルス対策ソフトでは対応が困難なハッキング攻撃から情報資産を保護できる「標的型攻撃対策ソリューション」の提供を開始した。

 「標的型攻撃対策ソリューション」では、株式会社フォティーンフォティ技術研究所の「FFR yarai」を使用する。セキュリティ技術に通じた専門スタッフが、ユーザのシステム環境を診断した上で、対策を提案し、セキュリティ環境を構築する。大規模システムに加え、中/小規模システムを運用するユーザにも、利用規模/用途/予算に応じたソリューションを提供できる。

 新種のマルウェア(ウイルスなどの不正プログラム)の侵入を検知/駆除できる。パターンファイルの更新が不要なので、ネットワークに接続されていない環境でも利用できる。また、既存のウイルス対策ソフトとも併用でき、より強固なセキュリティ環境を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 【ゲイトウェイ・コンピュータ】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 アプリケーションのセキュリティ管理を行うための5ステップ 【日本アイ・ビー・エム】 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で苦慮、なぜ? 【日本アイ・ビー・エム】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045869


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ