CSE、ワンタイムパスワード製品の新版でCisco製品との連携を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSE、ワンタイムパスワード製品の新版でCisco製品との連携を強化


掲載日:2013/04/02


News

 株式会社シー・エス・イー(CSE)は、認証デバイス不要のワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」で、「Cisco ASA 5505」シリーズとの連携を強化した新バージョン「3.6.1a」のダウンロード提供を開始した。

 「SECUREMATRIX」は、64個の数字が並ぶマトリクス表から利用者が決めた位置と順番を選んだ形がパスワードになる。認証のたびにランダムな数字が表示されるマトリクス表にパスワードとなる形を頭の中で重ね、合わさった箇所の数字をパスワード欄に入力することで認証が完了する。

 今回の新バージョンでは、RADIUS対応機器との連携機能“SECUREMATRIX RADIUS LOGON”で、“SSL-VPNシングルサインオン利用機器”として「Cisco ASA 5500」シリーズを選択した際、ホストスキャン機能を有効化した「Cisco ASA 5505」とのSSL-VPNシングルサインオン連携を行なえるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワンタイムパスワード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワンタイムパスワード」関連情報をランダムに表示しています。

「ワンタイムパスワード」関連の製品

安心・安全・快適認証ソリューション 「YubiOn」 【ソフト技研】 ワンタイムパスワード RSA SecurID Access (仮想アプライアンス版) 【テクマトリックス】
ワンタイムパスワード ワンタイムパスワード
さまざまな認証のシーンにワンタイムパスワードを追加し、セキュアな二要素認証を実現可能にする。新たなハードウェアの購入やシステムの変更を行わずに導入可能。 時刻同期方式により60秒ごとに1度しか使えないパスワードを生成し、パスワードの盗聴、盗用によるネットワークへの不法侵入を防ぐワンタイムパスワード製品。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045867


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ワンタイムパスワード > ワンタイムパスワードのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ