富士通、米ベンチャーキャピタルSozo Venturesへ出資

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、米ベンチャーキャピタルSozo Venturesへ出資


掲載日:2013/04/02


News

 富士通株式会社は、米ベンチャーキャピタルSozo Venturesの運営する、ベンチャーキャピタルファンドSozo Ventures-TrueBridge Fund Iに出資すると発表した。

 Sozo Venturesは、2012年11月、ベンチャーキャピタリスト育成プログラムを推進するKauffman Fellows Program(米国カリフォルニア州パロアルト)の支援を受け、トップベンチャーキャピタルファンドへ出資を行なうTrueBridge Capital Partners(米国ノースカロライナ州チャペルヒル)と共同でSozo Ventures-TrueBridge Fund Iを組成したとしている。

 富士通は米国シリコンバレーの先進ベンチャー企業との連携を通して、流通業を中心に消費者向けビジネスを展開するユーザに向けたビッグデータなどの先端技術や、新しいビジネスモデルを提案していくという。

 同社は、これまでも流通業の様々なユーザ(小売業、ネット企業、消費財メーカー、食品メーカー、卸売業など)に対して多くのビジネスを展開し、様々なノウハウを蓄積してきたとしている。また同社によると、ユーザも消費者向けのビジネス分野において、すでにソーシャル、モバイルといった新たなマーケティング手法を自ら積極的に取り入れた消費者向けサービスを展開しているという。

 そこで同社は、米国シリコンバレーの先進ベンチャー企業への投資や日本での事業展開を支援するSozo Venturesとの協力のもと、先進ベンチャー企業との連携を推進し、ユーザとともに新たな付加価値サービスの創出を目指すとしている。新たなサービスやテクノロジーを生み出す先進ベンチャー企業と連携することで、流通業を中心にユーザのビジネス拡大を下支えする先進提案を加速すると伝えている。



関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 【日本プルーフポイント株式会社】 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 【スターティアラボ】 SF映画さながらの管理画面で、サイバー攻撃の検知から通信の遮断まで自動実行 【ディアイティ】
フィルタリング 検疫 メールセキュリティ CRM UTM
いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? SF映画さながらの管理画面で、サイバー攻撃の検知から通信の遮断まで自動実行
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045856



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ