データリソース、アジアのM2M市場は500億ドルになると発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データリソース、アジアのM2M市場は500億ドルになると発表


掲載日:2013/04/02


News

 株式会社データリソースは、アラブ首長国連邦 シグナルズアンドシステムズテレコムの出版レポート“世界のM2M市場調査 2013-2018年:将来性、課題、戦略、垂直市場、予測”のプレスリリースにおいて、アジア太平洋地域の無線M2M市場の収益は、2013年の110億ドルから2018年末には500億ドルになるだろう、との予測結果を発表した。

 シグナルズアンドシステムズテレコムは、英国とドバイに拠点をおく調査会社。今回発表されたレポートでは、世界の無線M2M市場を分析していて、ビジネスケース、課題、ロードマップ、バリューチェーン分析、採用のケーススタディなどについて6つの地域ごとに記載している。

 同レポートによると、日本、中国、韓国はアジア太平洋地域のM2M接続の47%に過ぎないが、収益はこの3ヵ国でほぼ71%を占めて360億ドルとなる。また、アジア太平洋地域のM2M市場は、NTTドコモの、統一されたWebの画面で200以上の国と地域のM2M通信で接続するというM2Mプラットフォームに関する発表によって、牽引されていると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 「機械学習=面倒」はもう古い、Azure ML活用ソリューションの便利度は 【日立システムズ+他】 QlikView 【クリックテック・ジャパン】 Qlik GeoAnalytics 【クリックテック・ジャパン株式会社】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
ワークフロー データ分析ソリューション BI BI バックアップツール
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 機械学習によるデータ分析は用意が大変で、運用にコストがかかる。そんなイメージを変える「Azure Machine Learning」活用の新サービスが登場した。 購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは? デモ動画で分かる「地理空間分析」、マッピングによる情報分析の実践活用法 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045855



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ