バリオセキュア、VSRのセキュリティ認定を更新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バリオセキュア、VSRのセキュリティ認定を更新


掲載日:2013/04/01


News

バリオセキュア株式会社は、セキュリティ機器の評価機関であるICSA Labsにより認定を取得している「VSR‐VarioSecure Router」が、Ver.4.1 Firewall Corporate認定の更新テストをクリアし、認定の継続が承認されたことを発表した。

 1989年に設立されたICSA Labsは、米国Verizon社の独立部門として、メーカーに依存しない公平な立場よりセキュリティ製品のテストと認定を行なう機関であるとしている。

 バリオセキュアでは、マネージドセキュリティサービスで提供するセキュリティ機器「VSR‐VarioSecure Router」の堅牢性の維持を目的として2003年にICSA Labs Firewall Corporate認定を所得し、以降、新たなセキュリティ脅威に対応した新基準に対応する更新と評価テストを毎年継続してきたという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】 クラウドERP「freee」 【freee】 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想” 【NTTテクノクロス】 ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 勤務先のクライアント端末に関するアンケート 【デル株式会社】
フィルタリング ERP ID管理 プロジェクト管理 デスクトップパソコン
AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 会計/人事労務などのバックオフィス業務を一元管理できるクラウドERP。計算・手続きなどの作業を自動化し、業務フローを効率化。手間もコストも削減。 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想” ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 クライアント端末に関するアンケート◆2-in-1ノートとギフト券が抽選で当たる
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045829



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ