トライバルメディアハウス、Twitter公式アカウントのKGI調査実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トライバルメディアハウス、Twitter公式アカウントのKGI調査実施


掲載日:2013/04/01


News

 株式会社トライバルメディアハウスは、Twitter Japanの協力のもと、Twitter公式アカウントのマーケティング効果を測定するKGI(Key Goal Indicator:重要目標評価指標)調査を実施した。

 株式会社ニッセン、株式会社ファミリーマートの協力のもと、2社のTwitter公式アカウントで調査を実施した結果、トライバルメディアハウスは“ツイート内容に惹かれてフォローしたユーザが7割以上存在することがわかったという。また、Twitter公式アカウントをフォローしたことにより、商品・サービスに興味を持ったり、購入を検討する機会が増えていることが確認された”と伝えている。

 調査対象は、Twitterアカウントのフォロワー(各社のTwitterアカウント内で募集)とTwitterアカウントの非フォロワー(インターネットリサーチ会社のアンケートモニタから抽出)であり、各社のターゲット層(通信販売利用者、コンビニエンスストア利用者)が対象となっている。サンプル数は、ニッセンとファミリーマートがそれぞれ、フォロワーが904人、697人、非フォロワーが500人ずつとなっている。調査手法はインターネット調査で、調査期間は1月17日〜1月31日である。

 調査結果の概要として、“フォロー後の意識変容/態度変容について、もともとそのブランドが好きだったフォロワーにおいては、より一層ファン化が進んでいることがわかった”ことを挙げている。

 また、“ブランド名の想起率、好意度、利用(購入)意向において、フォロワーの方が非フォロワーよりも高い傾向を示しており、Twitter公式アカウントのフォロワーには優良顧客が多く含有されていることがわかる”“エンゲージメントが高いフォロワーと低いフォロワーを比較したところ、エンゲージメントが高いフォロワーのほうが全てのKGIが高くなる傾向が見られ、エンゲージメントの向上がKGIの向上につながることが確認された”“フォロワーは非フォロワーと比較して2〜3倍程度購入量が多いことがわかった”と伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT部門の“重荷”にならないマルチクラウド体制の作り方 【ヴイエムウェア+他】 いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識 【ヴイエムウェア+他】 日本最大級のゴルフポータルのマーケティング基盤を加速したETLツールとは? 【Talend】 世界で強まるデータ保護規制、その包括的な対応を可能にする「16のアプローチ」 【Talend】 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 【Sansan】
統合運用管理 データセンター運用 ETL ビッグデータ CRM
IT部門の“重荷”にならないマルチクラウド体制の作り方 いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識 日本最大級のゴルフポータルのマーケティング基盤を加速したETLツールとは? 世界で強まるデータ保護規制、その包括的な対応を可能にする「16のアプローチ」 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045827



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ