シュナイダーエレクトリック、SIIよりBEMSアグリゲーターに認定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シュナイダーエレクトリック、SIIよりBEMSアグリゲーターに認定


掲載日:2013/04/01


News

 シュナイダーエレクトリック株式会社は、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)より“エネルギー管理システム(BEMS)導入促進事業費補助金”において、導入支援を実施する“エネルギー利用情報管理運営事業者”(BEMSアグリゲーター)に認定されたことを発表した。

 BEMS導入補助事業は、主に中小企業などの契約電力500kW未満の高圧小口需要家の電力需要の抑制、及びエネルギー使用の効率化と無理のない節電により電力消費量の削減を図ることを目的として、経済産業省が推進している。同事業にあたっては、中小ビルなどにBEMSを導入するとともに、クラウドなどによって自ら集中管理システムを設置して、小口高圧需要家に対して電力消費量を把握し、節電を支援するコンサルティングサービスを提供するBEMSアグリゲーターとしての登録が必要となっている。

 今回、シュナイダーエレクトリックが株式会社ヴェリア・ラボラトリーズを幹事社とするコンソーシアムに事業者として参加することでBEMSアグリゲーターに認定された。ヴェリア・ラボラトリーズは、工場やテナントビル、娯楽施設、多店舗展開企業向けに省エネルギー化の戦略コンサルティング、チューニング・コミッショニング、EIA(Energy Information nalysis)サービスによるエネルギー情報分析サービスを提供する環境ベンチャー企業。

 シュナイダーエレクトリックは、仏Schneider Electric SAの日本法人。2012年10月31日にBEMS事業の日本市場への参入を発表したと同時に、ビル設備管理・制御の効率向上を支援し、トータルビル設備管理コスト削減を可能にするBEMS統合ソリューション「SmartStruxure」を発表している。また、今回BEMSアグリゲーター補助対象システムとして無線方式を採用した小規模ビル向けBEMSシステム「SmartStruxure Lite」を日本市場に導入した。

 同社は今後、国内の中小規模のビルにフォーカスしてBEMS導入補助事業を支援し、現在の日本社会に求められているエネルギーの有効活用に貢献していくとしている。また、これまで国内外で培ってきたビルエネルギー診断及びコンサルティングの実施、エネルギーの見える化ツールの提供、デマンドコントロールやビル管理システムの構築などにおける同ソリューションの活用などにより、ビルエネルギー管理において、エネルギーマネジメントのトータルソリューションを提供していくと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】
文書管理 ワークフロー 検疫 検疫 統合運用管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045826



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ