IVEX、PC操作制御ソフトの新版で統合管理機能を拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IVEX、PC操作制御ソフトの新版で統合管理機能を拡充


掲載日:2013/03/29


News

 アイベクス株式会社(IVEX)は、PC操作制御ソフトウェア「IVEX Mobile Client Protector(IMCP)」の統合管理機能を拡充した新バージョン「IMCP ver2.0」を発売する。

 「IMCP」では、ログインユーザ単位で詳細な制御ポリシーを設定でき、高度な情報漏洩対策が可能。クライアントPC端末の操作制御に加え、端末のシンクライアント化や、社外へ持ち出せるPCへのデータ書き込み禁止など、様々なシーンで利用できる。

 今回の新バージョンでは、管理コンソールが一新され、制御ポリシーやログ取得ポリシーなどの設定のほか、DBなどの各ツールの設定を統合管理できるようになった。また、グループ/利用者単位で制御ポリシーを詳細に設定でき、運用ポリシーに応じた柔軟な制御管理が可能になった。

 エージェント自動アップデート機能が追加され、管理サーバ上で各端末のアップデートを実施できる。また、ポリシーグループタブにUSB制御が装備された。USBの製品IDを利用した制御も可能。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「DLP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

「DLP」関連の製品

InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】
DLP DLP DLP DLP
データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。 共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。 「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。 「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045815


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ