事例:ジャムコによるSymantec Enterprise Vaultなどの事例公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ジャムコによるSymantec Enterprise Vaultなどの事例公開


掲載日:2013/03/29


News

 株式会社シマンテックは、株式会社ジャムコによる、「Symantec Enterprise Vault」と「Symantec Backup Exec」を活用した事例を発表した。

 ジャムコは、航空機器ならびに航空機用内装品の製造・販売と航空機整備を行なう会社。同社では、新しいエアラインの登場や航空輸送の拡大により、内装品の設計や製造に関連するファイルをはじめとして、サーバに格納されるデータ量が拡大していたという。また、データが急激に増加する中でも、内装品の保守を継続するため、過去のデータをいつでも使えるようにしておく必要があったとしている。

 Hyper-V仮想化環境も利用した同社のサーバ数は100台以上にのぼり、データの総量は20TBを超えていた。その中で、バックアップ対象のファイルサーバは8TBに達し、週1度のフルバックアップが週末だけでは完了しなくなっていた。今回、同社では、古いデータや頻繁にアクセスされないデータをアーカイブし、バックアップスケジュールの対象から外すことで、バックアップ時間を短縮するという方法を選択したとしている。

 「Enterprise Vault」は、アクセス頻度の低いデータを、高価なプライマリストレージから別のストレージに移動し、圧縮や重複排除を行なうことで、コストを抑えた長期保管を可能にする。またアーカイブされたデータは、簡単に復元できる。

 今回、ユーザが簡単にデータを復元でき、かつ運用側の手間もかからない点が評価され、同製品の採用にいたったとしている。これにより、約3TBがアーカイブ対象になり、バックアップ対象のファイル容量は5TBまでに削減されたと伝えている。

 「Backup Exec」は、同社が長年使用していて、「Enterprise Vault」と組み合わせて活用することで、古いデータやアクセス頻度の低いデータを稼働中のソースから集中型アーカイブへと自動的に移動して、バックアップとリカバリ時間を短縮する効果を得られたとしている。また、バックアップとアーカイブの連動は、機能や性能面に加え、運用面での利便性も高いと評価している。

 同社では、今後、Hyper-Vによる仮想化の推進とLTO6の導入、そして「Backup Exec」による仮想化環境のイメージバックアップで処理時間を短縮していくなど、更なる取り組みの強化を計画しているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045791


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ