DAL、EDIパッケージ「ACMS」シリーズをWindows Azureに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DAL、EDIパッケージ「ACMS」シリーズをWindows Azureに対応


掲載日:2013/03/29


News

 株式会社データ・アプリケーション(DAL)は、マイクロソフト社の「Windows Azure」上で、EDI(電子データ交換)パッケージ・ソフトウェア「ACMS」シリーズの動作検証を完了し、クラウド環境でのEDIシステムの導入促進への取り組みを開始することを発表した。

 「Windows Azure」は、IaaS(Infrastructure as a Service)機能を備え、Linux OSなども稼働可能なクラウドインフラ。今回、同インフラで検証を完了したのは、企業内外のシステム及びアプリケーションをシームレスに連携するB to Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」企業間のデータ連携をスムーズに行なう環境を容易に構築できるB to Bサーバ「ACMS B2B」、及びデータ変換ツール「AnyTran」の3製品。同インフラをIaaS基盤として利用することで、ハードウェアの初期投資コスト、保守・管理コストを抑えてEDIシステムを構築・運用することが可能となり、ビジネスニーズに応じて柔軟にシステムの拡充が可能となるとしている。

 「ACMS E2X」は、企業間の様々な形態での電子商取引に対応する機能とシステムやアプリケーションの統合機能を1つのパッケージで提供していることから、同インフラ上のEDIシステムと、オンプレミスの基幹業務システムを連携し、B to B業務プロセス全体をカバーするシステムとして運用できる。また、今後同インフラ上で検証済みの様々なアプリケーションと「ACMS」とを連携することが可能となる。

 「AnyTran」は、国内外の各種EDI標準をはじめ、XMLやSAP IDoc、CSVなど様々な種類のフォーマットに対応した汎用フォーマット変換ツール。クラウド上の各種システムやアプリケーション間など、様々なデータ交換の場面でのフォーマットの違いを吸収するツールとして利用できる。

 各パッケージの販売価格は従来と変わらず、「ACMS E2X」は基本機能150万円〜、「ACMS B2B」が基本機能100万円〜、「AnyTran」が120万円となっている。また、同インフラ上で、「ACMS」シリーズをSaaSとして提供するサービス企業向けのライセンス体系も用意している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】 CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ 【日本オラクル株式会社】 もうデータベースアップグレードは怖くない 簡単、省コストにテストする方法とは 【日本オラクル株式会社】
CRM CRM その他ネットワークセキュリティ関連 統合運用管理 パフォーマンス診断
展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ もうデータベースアップグレードは怖くない 簡単、省コストにテストする方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045788



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ