採用:日本HPとの協業でアシストの仮想化ソフトウェアを採用

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日本HPとの協業でアシストの仮想化ソフトウェアを採用


掲載日:2013/03/28


News

 株式会社アシストは、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)と仮想化分野で協業し、「Server-VDIソリューション」に、アシストが取り扱うクライアント仮想化ソフトウェア「Ericom PowerTerm WebConnect」が採用されたことを発表した。

 VDI(Virtual Desktop Infrastructure)方式は、他の仮想化方式に比べ既存アプリケーションの移行がスムーズで、個別のデスクトップ環境を提供できることから、ユーザ側に与えるストレスも少ないというメリットがある一方、導入コストの3割を占めるVDAライセンス(WindowsクライアントOSへのアクセス時に必要)や、ハードウェアの購入にかかる初期導入コストが高いことが課題となっていた。

 日本HPは、このような課題を抱える企業のニーズに応えるため、VDAライセンスを不要とし、ユーザが接続する仮想マシンとしてWindowsサーバOSを利用する「Server-VDIソリューション」を提供する。

 「Ericom PowerTerm WebConnect」は、Windowsのサーバ共有デスクトップと公開アプリケーション、VDI、そして物理PCなどへのセキュアなアクセスを、単一コンポーネントで提供できるハイブリッド型クライアント仮想化ソフトウェア。RDPのパフォーマンスを向上させ、iPad、シンクライアント端末を含む様々なクライアント・デバイスからのアクセスを可能にする。

 日本HPでは、当初「Server-VDIソリューション」のコネクション・ブローカー部分にWindows Server純正機能の利用を検討していていたが、大規模環境への対応、LAN以外からのアクセス、iPadなどのWindows以外のクライアント・デバイスからの利用といった様々なニーズに対応することや、安価なライセンス価格も決め手となり、同ソフトウェアを採用したと伝えている。

 また、HP製ハードウェアを組み合わせ独自の構成を採ることで、従来型VDIと比較して導入コストの半減を可能にする。管理面では「HP CloudSystem Matrix」を使うことで、物理環境と仮想環境の統合管理、テンプレートを使用した自動プロビジョニングなどが可能で、IT部門の管理業務が効率化されることから、ランニング・コストの削減も可能にする。

 ユーザ数に合わせたリファレンス構成を用意しており、小規模ではテスト導入目的の20ユーザから、大規模では全社展開も可能な数千ユーザ規模での対応も可能とニーズに合わせた柔軟な提案が可能となっているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは 【日商エレクトロニクス】 VDI成功の3条件を実現する「転ばぬ先のアセスメント」 【日商エレクトロニクス】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 VDIに関するTCOや運用負荷の課題を解消するハイブリッド型に注目 【レノボ・ジャパン株式会社】
VDI VDI VDI VDI VDI
1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは VDIサイジング”あるある” 導入を失敗しないための切り札とは 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 従来型「VDI1.0」vs.低コスト型「VDI2.0」、実利用の差はどれくらい?

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045762


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ