シャープ、IT構造改革で日本IBMとパートナーシップを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、IT構造改革で日本IBMとパートナーシップを構築


掲載日:2013/03/28


News

 シャープ株式会社は、日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)とシャープのIT構造改革を共同で推進するために、戦略的パートナーシップを構築することを合意したと発表した。

 今回の戦略的パートナーシップにともなって、シャープとシャープシステムプロダクト株式会社(SSP)は保有する“エスアイソリューションズ株式会社”(SIS)の全株式(計51.0%)を4月1日に日本IBMに譲渡すると発表している。同社は日本IBMの完全子会社になることで、IBMの様々なソリューションや先進事例の活用が可能となると伝えている。

 IT構造改革に関しては、日本IBMがシャープの生産・販売拠点における業務アプリケーションの企画、開発、保守業務やシステム運用などのアウトソーシング業務を2013年2月1日から2023年3月31日まで約10年にわたって受託するという。シャープは情報システムに関する戦略立案に特化することにより、ITコストの低減を図るとしている。

 なお、SSPは4月1日付でシャープドキュメントシステム株式会社と再編統合し“シャープビジネスソリューション株式会社”になる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 【KDDI】 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 【日本テレネット】 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 【富士通株式会社】 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは? 【VAIO】
開発ツール IaaS/PaaS FAXサービス データ分析ソリューション ノートパソコン
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045758



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ