NECDS、2.3MPと5MPの医用画像表示用液晶ディスプレイ2機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、2.3MPと5MPの医用画像表示用液晶ディスプレイ2機種を出荷


掲載日:2013/03/28


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、医用画像参照用の2.3MP(メガピクセル)の24.1インチカラー液晶ディスプレイ「MultiSync MD242C2」と、デジタルマンモグラフィ用の5MPの21.3インチ高解像度モノクロ液晶ディスプレイ「MultiSync MD211G5」の出荷を4月11日に開始する。価格はオープン価格。

 「MultiSync MD242C2」は1万5000時間、「MultiSync MD211G5」は3万時間の輝度保証で、長期的に安定した輝度状態を維持できる。バックライトに白色LEDを採用したことで、低消費電力化を達成し、水銀不使用で地球環境負荷の低減を図れる。また、輝度を自動的に調節するフィードバックシステムを備え、内蔵フロントセンサが画面輝度を測定し、自動的に補正して設定値に調節できる。

 「MultiSync MD242C2」は、1920×1200ドットのIPS液晶パネルを搭載し、1000:1の高コントラスト比で優れた階調表現で鮮明に表示できる。Picture In Picture(子画面挿入機能)やPicture By Picture(2画面並列表示機能)といった2画面表示機能を搭載し、それぞれの画面ごとに独立した表示特性を設定できるため、DICOM画像表示や電子カルテなどに適した状態で画像表示を行なえる。画面を90度回転させた縦置き表示で上下2段に表示することもできる。また、“Power Save Management Software”に対応し、ディスプレイの消費電力削減を図れ、バックライトの長寿命化と長期輝度維持も図れる。人感センサを搭載し、使用者の離席を感知して、画面オフまたは低輝度設定にできる。

 「MultiSync MD211G5」は、2048×2560ドットの液晶パネルを採用し、画素ピッチ0.165mmの高精細を達成しているほか、最大輝度1200カンデラ/平方メートル、コントラスト比1200:1のIPS方式を採用している。1万2277階調から任意の1024階調(DisplayPort 10ビット入力時)でモノクロ表示を行なえ、滑らかで高い階調表現での画像表示を提供する。


出荷日・発売日 2013年4月11日 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045742


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ