日本HP、自動機能テストツールの新版でモバイル対応機能を拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、自動機能テストツールの新版でモバイル対応機能を拡張


掲載日:2013/03/27


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、モバイル対応機能を拡張した自動機能テストツールの新バージョン「HP Unified Functional Testing 11.5」とそのモバイル実機テスト拡張ソリューション「HP Unified Functional Testing Mobile(UFT Mobile)」の提供を開始した。

 「HP Unified Functional Testing」は、GUI対象の「HP QuickTest Professional」(HP QTP)と、非GUIサービス対象の「HP Service Test」で構成される。今回の新バージョンでは、両者が完全に製品統合され、1つのインターフェース上から統一された操作性で各機能テストをシームレスに実行/管理できるようになった。

 イメージベースでオブジェクト認識を行なう機能“インサイト”が提供されるため、モバイル機器のエミュレータのキーなどをイメージで認識でき、実機に加えエミュレーションでのモバイルアプリケーションの機能テストに対応できる。

 “ビットマップチェックポイント”の機能が拡張され、柔軟に範囲を指定して、範囲のみのチェックや、範囲のみ無視するチェックを行なえる。あわせて“ファイルコンテンツチェックポイント”機能も拡張され、帳票等を含むPDFやWord、テキストファイルの比較が可能になった。

 オープンソースのCI(継続的インテグレーション)ツール「Jenkins(Hudson)」と統合できる。夜間ビルドの一部として、機能テストを自動実行できるほか、テスト結果をCIツールのレポートに統合することもできる。これにより、アジャイル開発時のテスト自動実行の改善を図れる。

 「HP UFT Mobile」は、様々なモバイル機器のテストを自動化するための、モバイル機器の実機を搭載したクラウドサービスを含むソリューション。ユーザ専用のクラウドとして、「HP UFT11.5」の新機能を活用できる上、「HP LoadRunner」などの性能テスト製品やHP ALM(アプリケーションライフサイクル管理)製品を持っているユーザがすぐにモバイル機器のテストを実施できる環境が提供される。実機を直接的にコントロールできるため、高速な動きに対応したテストを実施でき、実機の交換作業依頼により数時間で他の機器に切り替えて別機種のテストを実施できる。これにより、様々な機器を対象に、現実に近いテストシナリオやスクリプトに基づいたテストの記録と反復実行が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045731


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ