DO!、災害時緊急連絡対応コミュニケーションツールを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DO!、災害時緊急連絡対応コミュニケーションツールを無償提供


掲載日:2013/03/26


News

 日本デジタルオフィス株式会社(DO!)は、日本マイクロソフト株式会社と協力して、スマートフォン・PC・タブレット向けのコミュニケーションツール「coco-do」を開発し、日本語版と英語版の無償提供を開始した。

 「coco-do」は、DO!のボイス対応被災時緊急連絡用アプリ「J!ResQ」の新版で、用途や機能の拡充に合わせて名称が変更された。今回、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Windows Azure」の無償提供や技術協力のもと、「J!ResQ」が再設計された。LINEやFacebookなどのSNSと連携するコミュニケーションツールとして利用でき、災害時には安否情報の発信・確認に活用できる。

 スマートフォンやPC、タブレットなどの機器で、地図やWebサイト、写真を手書きやペンで自由に加工でき、音声を付加して、SNS投稿やメール送信を行なえる。音声と所在情報に加え、地図やWebサイト、写真に書き込める機能とSNSへの投稿機能が強化され、日々のコミュニケーションツールとして利用できるほか、災害時にはより迅速・容易に家族や友人と安否情報を共有できる。送信した位置情報と音声のデータは、「Windows Azure」に蓄積されるため、グループIDやパスワードなどを登録しておくことで、所属するメンバーの所在や各個人の位置情報・投稿情報をスマートデバイス上で閲覧でき、災害時の安否確認や、復旧・復興活動にも活用できる。

 メールアドレスなど個人情報の登録不要で利用でき、手書きで矢印やコメントを追加できるほか、音声などとともに、自分の所在地や友人との集合場所などを伝えられるため、待ち合わせなどでの情報伝達をスムーズに行なえる。“いいね”ボタンがないWebページやページ内の特定の個所だけを友人などに共有したい時に、手書きのメッセージとともに手軽にシェアできる。

 撮影した場所のGPS情報を発信することで、発信地とその状況を手軽にシェアでき、普段の生活で気になった場所の様子を共有できるほか、営業社員が訪問先を記録し上長への報告に利用したり、災害時に各地の状況を写真とメッセージ、位置情報とともに報告したりできる。

 個人に加え、法人や団体も無償で利用できるほか、テクニカルサポートを希望する法人・団体のユーザ向けに、DO!が年額8万円の有償サポートを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「安否確認システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「安否確認システム」関連情報をランダムに表示しています。

「安否確認システム」関連の製品

緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24 【イーネットソリューションズ】 緊急連絡・安否確認システム 【NEC】
安否確認システム 安否確認システム
実績のある安否確認システム。気象庁の地震情報との連動はもちろん、有事の際の情報発信から社員とその家族も含めた迅速な安否確認、二次連絡まで行なえる。 ◎東日本大震災の被災経験を活かして開発。
◎災害発生時の非常事態を考慮し、シンプルな機能&簡単操作で安否確認を実現。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045704


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 安否確認システム > 安否確認システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ