採用:ミライトグループ、サイボウズの「ガルーン」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ミライトグループ、サイボウズの「ガルーン」を導入


掲載日:2013/03/26


News

 サイボウズ株式会社は、株式会社ミライト・ホールディングス(ミライトHD)、株式会社ミライト、株式会社ミライト・テクノロジーズから成るミライトグループが、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン」(ガルーン)と拡張モジュール「パワーアップキットシリーズ マルチカンパニー for ガルーン」を1万ライセンス規模で導入し、本格稼動させたことを発表した。

 「ガルーン」は、高いスケーラビリティと使いやすさを両立し、ポータルに情報を集約することで、経営のPDCAサイクルを加速できる。

 「パワーアップキットシリーズ マルチカンパニー for ガルーン」は、グループ企業間やホールディングス企業など、複数企業間でのアクセス権制御機能を高め、各企業の独立性を維持しながら「ガルーン」を運用できるパッケージ。

 大明株式会社、株式会社コミューチュア、株式会社東電通の3社は、2012年10月1日にミライトHDの下でグループ事業再編成により、ミライトとミライト・テクノロジーズになっている。

 グループ事業再編成前は、大明では「ガルーン」「サイボウズ デヂエ」、東電通では「サイボウズOffice」「サイボウズ デヂエ」、コミューチュアでは他社グループウェアと各社で異なるグループウェアを運用していたが、事業再編成を機に、情報共有基盤として「ガルーン」にシステムを集約したという。

 同グループは、グループ企業が事業をともにする過程では、状況に応じて情報統制ができることや組織としての一体感の醸成が重要とし、簡単に使いこなせるプラットフォームでありながら、グループ事業再編成にも対応できる点が同グループウェアへの集約の決め手となったとしている。

 また、同グループウェアの拡張モジュールの導入によって、グループ会社間の適切なユーザ管理やアクセス制御が可能となり、各社の独立性を保ちながら運用できているとし、複雑な組織体制の中、細かいユーザグループでもアクセス権限の範囲設定などが扱いやすく、特定の部分だけにセキュリティ制限をかけるといったことが可能となっていると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦 【KDDI】 Office 365が“もっと使えるようになる”連携製品の活用術 【日本マイクロソフト】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 情シスの決断でOffice 365のスピード導入に成功――赤城乳業事例 Office 365が“もっと使えるようになる”連携製品の活用術 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045692


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ