DNPデジタルコム、「クラウド型AR画像認識サービス」を開始

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNPデジタルコム、「クラウド型AR画像認識サービス」を開始


掲載日:2013/03/25


News

 株式会社DNPデジタルコムは、クラウドサーバで最大100万点のコンテンツを管理でき、通販カタログなどに掲載された商品画像を認識して、リアルタイムにAR(Augmented Reality:拡張現実)コンテンツを表示する「クラウド型AR画像認識サービス」を開始する。

 「クラウド型AR画像認識サービス」は、米国Qualcomm社のAR開発キット「Vuforia SDK 2.0」を採用し、アプリの更新不要で、通販カタログなどの掲載画像を認識でき、動画や静止画などを表示できる。膨大な商品やARコンテンツの管理と、頻繁な追加・削除などへの対応が必要な場合に適している。

 クラウドサーバで認識用画像とARコンテンツを最大100万点程度まで保管でき、サービスに利用できる。カタログに掲載する商品の実物画像と、各種ARコンテンツ(動画、静止画、WebサイトのURL、商品の在庫情報など)の変更・追加・削除をクラウド環境でリアルタイムに行なえる。アプリ配信ストアによる再審査が不要なので、スピーディ・柔軟な運用を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 15の事例:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは? 【ディバータ】 SDL Tridion 【タクトシステムズ】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性 【ハイランドソフトウェア】
CMS CMS CMS CMS CMS
コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 15の事例で見るWebサイト構築:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは? グローバル企業700社に導入◆多言語Webサイトの課題に迫る!! オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045672


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ