富士通など、取引先の事業継続能力を評価できるクラウドを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、取引先の事業継続能力を評価できるクラウドを提供


掲載日:2013/03/25


News

 富士通株式会社と株式会社富士通総研は、取引先のサプライチェーンの事業継続能力を評価/管理する「サプライチェーンリスク管理サービス SCRKeeper」のクラウドサービスの提供を4月1日に開始する。価格は月額30万円から(税込)。

 今回提供されるサービスでは、大規模な災害が発生した場合に、取引先の事業の再開/復旧に要する時間や、被害想定、対策状況などを、平時から定量的に分析できる。更に、同社がこれまでの実績に基づいて保有する大量のデータをもとに、取引先企業のある地域や業種といった多面的角度からベンチマーク分析を行ない、その評価結果を取引先にフィードバックすることもできる。この機能は、ユーザ内部での利活用に加え、取引先に対して事業継続マネジメント活動の改善を促す手段としても活用できる。

 公的機関から提供される最新のハザードマップ(被害の予想区域や程度、避難場所などを示した地図)を随時取り込み、取引先の生産拠点や事務所などの住所と組み合わせることで、災害発生時の被害想定を視覚的に表せる。更に、実際に災害が発生した場合には、気象庁発表のデータを迅速に反映することで、被災した可能性のある取引先をピックアップし、一覧として閲覧/ダウンロードできる。

 取引先の事業継続能力と、ハザードマップを活用した地域リスクの評価の結果から、災害発生時に自社製品が受ける影響を定量的に分析できる。例えば、生産停止が発生する対象製品を特定できるほか、生産開始の時期などを推測できる。

 5月に提供開始される予定の機能では、実際に災害が発生した時に、取引先からの被災状況や復旧再開目処の報告などがシステムにすぐに反映されるため、リアルタイムに状況を確認できる。また、取引先の被災状況一覧を検索/閲覧/ダウンロードでき、取引先への迅速な対応や代替取引先の選定などに活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額30万円〜(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 レノボとSAPによる工場のサプライチェーンシステム刷新事例 【レノボ・ジャパン株式会社】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】
SCM SCM SCM SCM
多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 11時間の計算がわずか8分に コストも業務も激変させたサプライチェーン事例 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045667


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ