採用:JBSとサクサ、新Officeの「Visio 2013」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:JBSとサクサ、新Officeの「Visio 2013」を導入


掲載日:2013/03/25


News

 日本マイクロソフト株式会社(マイクロソフト)は、日本ビジネスシステム株式会社(JBS)及びサクサ株式会社が、新Officeの「Visio 2013」を導入し、更にJBSは新Office 365とともに提供開始となったサブスクリプション版「Visio Pro for Office 365」の導入を決定したことを発表した。 

 JBSは、業務改革コンサルティングにおいて国際標準に準拠したツールとして「Visio 2013」を活用しており、今後の事業拡大に向け「Visio Pro for Office365」の導入を決定し、プロジェクトメンバーの増員にも柔軟に対応できる体制を整備するとしている。

 サクサでは、「Visio 2013」の導入により、事業場の施設管理実務と環境マネジメントシステム規格であるISO14001で求められる環境法令順守管理を一体化し、効率的で可視化された管理を構築した。「Visio 2013」のタッチ対応によるモバイルワークの確立とともに、事業場現場での破損の際の迅速な連携と対応を可能にしているという。

 更に、セコム株式会社では、「Visio 2013」を検証中で、今後の本格導入に向け積極的に検討している。セコムでは、大規模施設向けセキュリティシステムを支える作図基盤として2007年よりVisioを採用し、業務効率向上やコスト削減を可能にしたとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィスソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オフィスソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「オフィスソフト」関連の製品

「失敗しない働き方改革」に2-in-1デバイスを生かし切るには? 【日本マイクロソフト】 どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か 【KDDI】 マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」 【テンダ】 Office 365活用支援「Lookシリーズ」 【ビービーシステム】
オフィスソフト オフィスソフト オフィスソフト オフィスソフト
クライアント端末の刷新だけでは真の働き方改革にはならない。安全性や実効性を確保しないと定着しないからだ。失敗しないために何が必要なのか。具体例を交えて紹介する。 「Office 365」って実際のところどうなの? マニュアルを作成したいアプリケーションを操作するだけで、Word、Excel、PowerPoint、DHTML、HTML5など様々な形式のマニュアルを自動作成するソフトウェア。 Office 365への快適なアクセス環境を提供し、生産性、利便性の飛躍的な向上に貢献するクラウドサービス。Exchange Online、Outlook on the Web、Skype for Business等に対応。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045662


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ