SBM、イー・アクセスのLTE網が利用できる「ダブルLTE」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBM、イー・アクセスのLTE網が利用できる「ダブルLTE」を提供


掲載日:2013/03/25


News

 ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)は、SoftBank 4G LTE対応機種でイー・アクセス株式会社のFDD-LTEネットワークが利用可能になる「ダブルLTE」の提供を開始したと発表した。

 「ダブルLTE」によって、ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD-LTEのネットワークに加え、イー・アクセスが1.7GHz帯で展開しているFDD-LTEのネットワークを、SoftBank 4G LTEに対応するスマートフォンなどで利用できるようになる。「ダブルLTE」では、混雑状況に応じて自動的に最適なネットワークを選択するため、より安定した快適なLTEの通信サービスが提供できるようになると伝えている。

 なお、「ダブルLTE」は都内の一部地域から開始して、全国に順次拡大し「ダブルLTE」によって、2014年3月末にはSoftBank 4G LTEに対応した基地局が3万8000局になる予定であるとしている。

 ソフトバンクグループでは、イー・アクセスのEMOBILE LTE対応スマートフォンを、今後、ソフトバンクモバイルの3Gサービスエリアでも利用可能にするなど、利用者の利便性向上に向けて取り組んでいくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045661


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ