もしもしホットライン、ベトナムでグローバルBPO受託体制を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


もしもしホットライン、ベトナムでグローバルBPO受託体制を強化


掲載日:2013/03/25


News

 株式会社もしもしホットラインは、関連会社のMOCAPベトナム(エム・オー・キャップ・ベトナム)を通じ、英国のハーヴィーナッシュ・グループ(Harvey Nash Group plc、ハーヴィ―ナッシュ)の100%子会社であるハーヴィーナッシュ・ベトナムと共同で、ベトナムを起点としたグローバルなビジネス・プロセス・アウトソーシング(グローバルBPO)サービス体制を大幅に強化すると発表した。

もしもしホットラインは、ベトナムにおけるカスタマー・サービスをはじめとしたBPO需要の高まりを見込んで、2009年に三井物産株式会社及び現地資本とともにエム・オー・キャップ・ベトナムを設立し、ベトナムの通信会社やベトナムに進出した外資系企業に対してコールセンタを主力としたBPOサービスを提供してきた。またハーヴィーナッシュは、ハーヴィーナッシュ・ベトナムを通じてベトナムに進出した欧米企業へ同様のサービスを提供してきた。

 ベトナムにおけるBPOサービスの競争力を更に高めるべく、ハーヴィーナッシュは、同社のベトナムBPO事業のうちコールセンタ事業をエム・オー・キャップ・ベトナムに譲渡すると同時に、エム・オー・キャップ・ベトナムが新たに行なう第三者割当増資を引き受ける方式によって事業統合を図る。もしもしホットラインも本事業統合を契機にエム・オー・キャップ・ベトナムの出資比率を引き上げ、ベトナムを拠点としたBPO事業への関与度を高めて、グローバルBPO体制強化の布石とするという。同事業統合を契機に、サービスデリバリ拠点は従来のハノイに加え、ホーチミンにも拡大し、コールセンタ席数は事業統合前の200席から800席体制へ拡大する。

エム・オー・キャップ・ベトナムは、グローバルスタンダードなコンプライアンス基準、セキュリティ基準の遵守体制や、東南アジア、大連、日本を結んだ運用体制を前面に押し出して、日系企業やBPOを推進する企業からの更なる新規需要を取り込み、ベトナムBPO市場No.1を目指す方針であると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ? 【発注ナビ】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 DaaS選びを基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策 【ニフティ】 SAP HANA VoraとMapRが連携、「ビッグデータ+ERPデータ」統合分析基盤を実力は 【レノボ・ジャパン株式会社】
システムインテグレーション CRM 暗号化 VDI PCサーバ
システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ? もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント DaaS選びを基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策 ERPデータとビッグデータ分析の連携を実現する SAP HANA Vora + MapR
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045657



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ