カスペルスキー、データ漏洩の原因などについて調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、データ漏洩の原因などについて調査結果を発表


掲載日:2013/03/25


News

 株式会社カスペルスキーは、B2B International社のアンケートにより、35%の企業がマルウェア感染によるデータ漏洩の経験があることが分かったと発表した。

 同アンケートは、22ヵ国の3300人以上のITエキスパートを対象に、2012年7月に行なわれた。調査の結果、データ漏洩で最も多い外部要因は、マルウェア感染が35%、メールを介した攻撃が21%、フィッシングが17%であることが分かった。また、25%の回答者がデータ漏洩で最も多い内部要因として、インストール済みアプリケーションのぜい弱性であることを挙げている。そして、企業から漏洩した情報は、顧客情報が36%、財務データが36%、従業員情報が31%であったとしている。

 内部要因においては、重要データの漏洩の25%はソフトウェアのぜい弱性が原因という調査結果となっている。サイバー犯罪者は、ぜい弱性を悪用してコンピュータをマルウェアに感染させる。このような種類のリスクは、ぜい弱性があると思われるソフトウェアをコントロールするような包括的な保護システムの導入や、不審なアプリケーションをダウンロードしないよう従業員への教育で対処できると伝えている。

 また、高い割合を占めたのは、モバイル端末からのデータ漏洩であるとしている。回答者のうち23%がデータ漏洩被害に遭っていて、そのうち15%はモバイルデバイスの盗難が原因であると回答した。また、13%の回答者は、誤ったアドレスにメールを送信するなどの不注意によって、犯罪者に重要な情報を盗られたことがあると回答したとしている。

 企業はどのようなデータを漏洩しているのかに対し、最も多かった回答は、顧客情報と財務データで、いずれも36%となった。次に31%が従業員情報で、紛失あるいは盗難が原因で漏洩していると回答した。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045656



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ