エフセキュア、2012年第4四半期のモバイル脅威レポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、2012年第4四半期のモバイル脅威レポートを発表


掲載日:2013/03/22


News

 エフセキュア株式会社は、2012年第4四半期のモバイル脅威レポートを発表した。

 今回発表されたレポートでは、Androidを狙ったマルウェアが増加し続ける中、Symbianを狙ったマルウェア脅威
は、年初から第3四半期までの平均の26%から4%に減少したとし、2012年におけるすべてのモバイルマルウェアのうちではSymbianを対象としたマルウェアは2011年の29%から19%にまで減少していると伝えている。

 レポートによると、2012年には合計で301件の新種のマルウェアファミリーや亜種が検出された。Androidを狙ったマルウェアはシェアを増やし続け、2011年の66%から、2012年には79%を占めるまでに増加し、Symbianマルウェアが62%を占め、Androidマルウェアが11%にすぎなかった2010年とは正反対の様相だとしている。

 同社は、古いSymbianのハンドセットはAndroidのような他のオペレーティングシステムに置き換えられ続けているので、Symbianマルウェアは2013年には死に絶え、絶滅すると予測している。

 また、2012年に検出されたマルウェアのうち66%はトロイの木馬で、GoogleがリリースしたAndroid 4.2「jellybean」によって、今年はこの値が減少すると予測している。4.2で追加されたダウンロード時のセキュリティプロンプトがトロイの木馬を寄せ付けないために役立つとともに、スパイツールやモニタリングツールが増加しているため、サベイランス関連の脅威が大部分を占めるようになるであろうと伝えている。

 第4四半期に検出されたAndroid脅威の大半は、SMSの不正利用によって金銭を詐取するもので、検出された96件のAndroid脅威の亜種のうち、21件はプレミアムSMSを対象としたものであるとしている。

 マルウェアファミリーはプレミアム課金用の番号にメッセージを送信し、多くのAndroidへの脅威が同様の策略を用いて、被害者をSMSベースの購読サービスに登録させる手口を使うという。こうした手口に使われる番号やサービスに関するメッセージや通知は削除さるため、請求明細書が届くまでユーザが気づくことはないとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045631



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ