サヴィス、アジア業務強化でカントリー・マネージャー2名を任命

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サヴィス、アジア業務強化でカントリー・マネージャー2名を任命


掲載日:2013/03/22


News

 サヴィス・コミュニケーションズ株式会社(サヴィス)は、日本担当カントリー・マネージャーとして沼田 治氏を、シンガポール/香港担当カントリー・マネージャーとしてタン・テン・チェン氏を任命したと発表した。

 サヴィスは、米CenturyLink傘下の米Savvis,Inc.の日本法人で、ITインフラストラクチャー・ソリューションを提供している。

 沼田 治氏は、テクノロジ業界で30年以上の経験を持ち、日本HPのエンタープライズ・サービス・セールス担当ディレクターを務めたほか、日本オラクル、ウィプロ・ジャパン、電通国際情報サービスでリーダーとして事業拡張を指揮したという。

 タン・テン・チェン氏の前職は、Motorola Solutionsで、東南アジアのエンタープライズ戦略アカウント担当ディレクターを務めた。20年以上に渡り、Dell Singapore、Sybase、HiSoft Technology Internationalにおいて地域のテクノロジ部門の顧客にサービスを提供してきたとしている。

 2人のリーダーは今後、アジアのそれぞれの担当地域を拠点とし、サヴィスのクラウドサービスやマネージドホスティングサービス、コロケーションサービスなどの主力製品を用いて成長の牽引に取り組むと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 徹底レビュー:Windows 10の新機能でクライアント環境がこう変わる 【ヴイエムウェア】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 新旧さまざまな課題を解消するデータベース移行術を解説する。 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】
シンクライアント タブレット データ分析ソリューション データベースソフト MDM
ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる 抽選で10名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート DB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか? 「持ち出せるデバイス」に進化したWindows……管理はどうする?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045629



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ