日本HP、キャッシュにSSDを利用するアレイコントローラ機能発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、キャッシュにSSDを利用するアレイコントローラ機能発売


掲載日:2013/03/22


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、「HP ProLiantサーバー Generation 8(Gen8)」のアレイコントローラ機能を拡張した新機能「HP Smartキャッシュ」を発売した。1サーバライセンスの価格は2万9000円。

 「HP Smartキャッシュ」は、データのアクセス傾向を自動分析し、半導体ストレージ(SSD)をキャッシュ領域として活用して、アクセス頻度の高いデータを自動的にキャッシングすることで、データ容量が増大した際にも、少ない追加投資でディスクI/O性能の向上を図れる。

 1サーバに対して、キャッシュ領域として最大32本までのSSDを割り当てられ、少ない投資で全体のストレージI/Oを約3.5倍(HP調べ)高速化できるため、中・小規模システム環境では、ハイエンドストレージへのリプレースや全面SSD化が不要で、コストを抑えながら、ファイルサーバやDBサーバ、WebサーバのストレージI/O性能の向上を図れる。

 今回発売されたのは、「HP Smartアレイコントローラー P420/P420i/P421」を利用している環境に「HP Smartキャッシュ」の機能を追加するもので、既に「SAAP2.0」や「HP Smartアレイコントローラー P822/P721m」を利用している場合は、Smartキャッシュ対応のファームウェアバージョンにアップデートすることで「HP Smartキャッシュ」機能を無償で利用できる。


出荷日・発売日 2013年3月21日 発売
価格 1サーバライセンス:2万9000円

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045624


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ