日本HP、OpenStack対応のクラウド・アプライアンス新版リリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、OpenStack対応のクラウド・アプライアンス新版リリース


掲載日:2013/03/21


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、クラウド・アプライアンス「HP CloudSystem Matrix」で、クラウドのオープン・スタンダード“OpenStack”に対応させた新バージョン「7.2」を3月下旬(予定)にリリースする。

 「HP CloudSystem Matrix」は、オールインワン構成で、迅速なプライベート/ハイブリッドクラウド環境の構築を図れるアプライアンス。今回の新バージョンは、KVM(Linuxカーネル仮想化基盤)のOpenStack対応管理機能“HP Matrix KVM Private Cloud”が装備され、より開かれた、一貫性のあるクラウドの構築を支援する。

 同製品の今後のバージョンアップでも、OpenStackへの対応範囲が拡大される予定で、OpenStack準拠のパブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境のスムーズな接続、またはプライベートクラウド内のコンポーネント同士の、より柔軟で高度な連携を図るために、機能強化が図られる。更に将来的には、OpenStackの技術を使用して、同製品をプライベート/パブリックといったクラウドの種類の違いの意識不要で、相互のリソースを自在に管理・利用できるコントローラとして機能させることを図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】 仮想化基盤とリソースを一元管理「VMware vRealize Operations」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 実践企業が教える「仮想化健康診断」の賢い活用法 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 【ネットワールド】 リソース管理の弱点は? 仮想化基盤の“健康診断”が必要な理由 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化 広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。 事例で解説:仮想環境には”健康診断”が必要不可欠だった! 超速導入でも成功するハイパーコンバージドインフラ選びの秘訣 目の当たりにして驚く仮想基盤の大いなる無駄と運用最適化への道

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045618


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ