富士通、大型電波望遠鏡アルマのスーパーコンピュータを稼働開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、大型電波望遠鏡アルマのスーパーコンピュータを稼働開始


掲載日:2013/03/21


News

 富士通株式会社は、自然科学研究機構国立天文台が、富士通グループと共同で、チリで進められている高い感度と分解能を備える大型電波望遠鏡「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計」(アルマ)のプロジェクトにおいて、専用スーパーコンピュータ 「ACA相関器システム」を開発し、稼働を開始したことを発表した。

 「アルマ」は、東アジア、北アメリカ、ヨーロッパが協力して、チリの標高5000メートルの高原に建設した、高解像度の天体電波画像を得られる大型電波望遠鏡。直径約18.5キロメートルの敷地にパラボラアンテナを66台配置し、アンテナから受信したミリ波・サブミリ波(電波の中で、1〜10mmの波長帯がミリ波、1mm以下の波長帯がサブミリ波)の信号を計算機で処理することで、最大直径18.5キロメートルの巨大なパラボラアンテナを使った場合と同等の高画質な電波画像が合成できる。

 今回稼働開始した「ACA相関器システム」は、国立天文台と富士通グループにより共同で開発された、高感度の観測が可能な「アタカマコンパクトアレイ」(電波強度を正確に測定でき、物質の量についての定量的な解析ができる小口径の干渉計システム)のデータ処理を担う、専用スーパーコンピュータ。

 同システムは、富士通のPCサーバ「PRIMERGY」35台と株式会社富士通アドバンストエンジニアリングが開発した専用計算機で構成されていて、16台のアンテナ群が受信する大量の信号のデータ処理を引き受けている。

 望遠鏡のアンテナが受信する毎秒5120億個の電波信号データを、毎秒120兆回の計算速度でリアルタイムに処理する性能と、標高5000メートル、0.5気圧という環境での安定動作を可能にしている。

 エンジニアが常駐することが難しい高地で、リモートでの迅速かつきめ細かい安定運用を可能とするため、データ処理の流れを相関器内の多数のポイントで常時監視・記録する機能や、内蔵した大量のテスト用データを使って実運用状態を再現し、障害の特定精度を高める機能などを搭載している。

 また、FPGA(製造・出荷後に構成を設定できる集積回路)と呼ばれる汎用LSIを採用し、アンテナから受信するデータを250マイクロ秒ごとに分割し、4096個のLSIに分配する、並列演算方式を新たに開発することで、高い価格性能比を可能にしたという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 【イノーバ】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】
BI 認証 開発環境/BaaS CMS サーバー仮想化
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045603



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ