採用:中村綜合法律事務所、サスライトの情報漏洩防止を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:中村綜合法律事務所、サスライトの情報漏洩防止を導入


掲載日:2013/03/21


News

 株式会社サスライトは、情報漏洩事故のリスクを低減するセキュリティシステム「SASTIK III Thin-Client Layer」(SASTIK)を弁護士法人中村綜合法律事務所に導入したと発表した。

 「SASTIK」は専用のUSBキーを用いて、サーバへと認証し、WEBサーバやファイルサーバへの安全アクセスを可能にするソリューション。中村綜合法律事務所ではSASTIKを用いて、顧客管理情報をはじめとした重要情報へのアクセスに対してのセキュリティ向上を図れたとしている。

 中村綜合法律事務所では、顧客管理情報や情報共有のためのサーバへのアクセスについて、セキュリティを強化するため「SASTIK」を導入し、専用のUSBキーがないと重要情報にアクセスできない仕組みを構築したという。また、「SASTIK」のアクセスログ機能を活用し、ログ管理の徹底を図り、社員のセキュリティ意識向上にもつながったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

VPNの利用なしに、業務アプリケーションへの安全なアクセスを実現する方法 【アカマイ・テクノロジーズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 働き方改革も支える:パフォーマンスの向上を図るリモートアクセス問題の解消法 【アカマイ・テクノロジーズ】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 【アカマイ・テクノロジーズ】
認証 認証 認証 認証 認証
VPNの利用なしに、業務アプリケーションへの安全なアクセスを実現する方法 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 働き方改革も支える:パフォーマンスの向上を図るリモートアクセス問題の解消法 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045599


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ