事例:発電管理システムに「Microsoft Windows Azure」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:発電管理システムに「Microsoft Windows Azure」を採用


掲載日:2013/03/21


News

 日本マイクロソフト株式会社(マイクロソフト)は、鳥取県日野郡日南町の太陽光発電所の発電管理システムに、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Windows Azure」が採用され、2013年3月より同システムが運用開始されたことを発表した。

 日南町の町営“石見東太陽光発電所”は、同町の旧石見東小学校跡地(0.6ヘクタール)に、太陽光パネル1428枚を使用して建設された、太陽光発電所(メガソーラー)で、2012年12月5日に発電を開始した。

 同発電所の発電管理システムには、マウンテンフィールズ株式会社が、「Windows Azure」をプラットフォームとして開発したクラウド型の発電マネジメントサービス「AEMS-Cloud」が採用され、3月1日より正式な運用が開始された。

 「AEMS-Cloud」は、様々なセンサから集められた発電量や太陽光パネルの稼働状況などの情報を「Windows Azure」に蓄積し、インターネットを通じて遠隔地からでも運用監視できるシステム。拡張性の高いクラウドサービスの活用により、急な情報量の増大や、将来の発電所の規模の拡大などにも柔軟に対応できるほか、日南町の太陽光発電所の稼働状況を、マウンテンフィールズの監視センターで遠隔監視することにより、システムや太陽光パネルに障害が発生した場合に迅速な復旧対応をとることができるとしている。

 日南町は、「Windows Azure」をプラットフォームとした「AEMS-Cloud」を発電管理システムとして採用したことで、信頼性が高く柔軟な管理システムを、コストを抑えて短期間で導入できたとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045598


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ