アイキューブドシステムズ、“BYODガイドライン2013”を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイキューブドシステムズ、“BYODガイドライン2013”を公開


掲載日:2013/03/19


News

 株式会社アイキューブドシステムズは、個人所有のスマートフォンやタブレット端末を業務で利用するBYOD(Bring Your Own Device)に必要な検討要素をまとめた“BYODガイドライン 2013”を公開したと発表した。

 同社は、スマートフォンやタブレット端末の法人普及にともないBYODへの関心が高まっているとしており、IDC Japanの調査によると、シャドーITユーザを含めたBYODユーザ数は、2011年の192万人から2016年に1265万人まで拡大、2011年〜2016年の年間平均成長率は51.5%と予測されていると伝えている。

 一方で、BYODは標準化されたITポリシーが確立されていない未成熟な分野でもあるとして、アイキューブドシステムズでは、4500社以上のスマートデバイス導入事例から得た知見をもとに、企業の生産性と従業員の満足度を両立させるBYODを可能にするキーサクセスファクターを“デバイスの利用用途を決定する”“守るべき情報の範囲を決定する”“運用方針を決定する”“展開方法を決定する”の4つにまとめた上で、具体的な導入方法も含めてガイドラインを制作したとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 【ユニフィニティー+他】 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 【ユニフィニティー+他】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? 【ネットアップ】 セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情 【NTTテクノクロス】
スマートフォン スマートフォン 垂直統合型システム 垂直統合型システム WAF
コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045558



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ