サテライトオフィス、Googleサイトで稼働する文書管理機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サテライトオフィス、Googleサイトで稼働する文書管理機能を提供


掲載日:2013/03/18


News

 株式会社サテライトオフィスは、Google AppsのGoogleサイト上で稼働するドキュメント管理機能を、「サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps」というサービス名で無償提供する。Google Apps for Business/Google Apps for Educationを利用しているすべての企業/ユーザが利用できる。

 「サテライトオフィス・ドキュメント管理 for Google Apps」は、添付ファイル/入力フォーム形式のドキュメント管理機能を備えている。入力フォームでは、テキストフィールドに加え、画像/太い文字/文字サイズ/色などを指定できるリッチテキストフィールドを利用できる。また、ノーツ同様の、文書間リンク機能や、リッチテキスト内に添付ファイルを埋込みアイコン表示する機能も備えている。

 フォルダごと/文書種別ごとにアクセス権限を管理できるほか、公開日を指定できる機能や、バージョン管理機能、全文検索機能などを備えている。また、文書を公開するためのワークフローを実施できる機能も備え、メールの中にドキュメントを表示して公開を承認できるようにするクイックビュー機能も利用できる。

 Google App Engine上で稼働するため、安定的に稼働する。また、Google Apps Marketplaceで無償公開されるため、企業の管理者がGoogle Apps Marketplaceからサービスの追加作業をすることで、企業内メンバーが使えるようになり、ハードウェアやソフトウェアの追加が不要。アンインストールも容易に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

MasterControl Documents 【マスターコントロール】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045537


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ