Ptak/Noel、コンピュウェアのメインフレームのレポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Ptak/Noel、コンピュウェアのメインフレームのレポートを発表


掲載日:2013/03/15


News

 コンピュウェア コーポレーション(CPWR)は、Ptak,Noel&Associates(Ptak/Noel)が、分散環境からメインフレームまで、アプリケーションデリバリーチェーン全体を可視化する「Compuware APM for Mainframe」がもたらすメリットに関するレポートをリリースしたと発表した。

 「Compuware APM for Mainframe」は、Compuware APMの特許取得済みPurePath TechnologyによるCICSサポートに加え、メインフレーム分析ソリューションである「Strobe」と融合させたもの。導入企業は、パフォーマンス問題をより迅速に解決し、MIPSコストを削減し、ハードウェアアップグレードにかかる時間と労力を削減し、新しいアプリケーションのリリースを短縮できる。

  Ptak/Noelは、“Compuware APM for Mainframe:Application Performane Management to connect distributed and mainfrace environments”(英文のみ)と題されたレポートにおいて、IT企業が直面する課題について触れている。それは、オープン系担当とメインフレーム担当が、両担当部門で利用しているテクノロジーが以前よりも関連性を高めているにも関わらず、お互いにほとんど連携できていないことであると伝えている。このような状況でアプリケーションの問題が発生した場合、どちらのインフラが原因となっているのかが不明な状況が、数時間あるいは数日にわたって続くことになるとしている。

  Ptak/Noelは、分散型アプリケーションとメインフレームが互いのパフォーマンスに与える影響を的確に可視化する仕組みなど、「Compuware APM for Mainframe」がもたらす様々なメリットについても説明していて、同ルールが、アプリケーションのチューニングや再設計を支援し、コスト削減のための有益なツールであると述べているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045510



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ