CA Technologies、メインフレーム向けAPMソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、メインフレーム向けAPMソリューションを提供


掲載日:2013/03/14


News

 CA Technologiesは、メインフレーム向けアプリケーション性能管理(APM)ソリューション「CA Mainframe Application Tuner」の提供を開始した。

 「CA Mainframe Application Tuner」は、メインフレーム環境のアプリケーションを細かく監視して改善ポイントを提示できる。z/OSベースのシステムでのアプリケーション性能の非効率の根本的原因を素早く容易に特定し、問題の発生を軽減できるため、レスポンスタイムの向上やCPU消費の低減を図れる。

 問題の詳細をドリルダウン操作で特定できる。遅延原因になっている個所をソースコード・レベルで指摘できるほか、バッチ/3270/GUIといった様々なインターフェースで分析を行なえる。COBOLやPL/I、アセンブラ、C、C++、Natural、Ideal、REXX、Javaといった言語に対応するほか、IMSやDB2、IDMS、CICS、ADABAS、CA-Datacom USS、WebSphereといったサブシステムに対応する。また、サンプリング・ベースで低負荷でデータを収集できる。

 同社の他ソリューションと合わせて使用することで、アプリケーション性能管理/開発/テストの各プロセスの効率向上を図れる。「CA SYSVIEW Performance Management」と連携することで、業務遅延やシステム負荷の検知から、「CA Mainframe Application Tuner」を自動起動し、実際に性能問題を引き起こしているアプリケーションの当該部分を特定できる。

 「CA Application Performance Management」と連携することで、オープンからメインフレームまで一貫したシステムとして、ユーザ体験に基づいた性能に関する問題の詳細情報を自動的に提供できる。また、「CA Endevor Software Change Manager」と主なテスティング・ソリューション(「CA InterTest」や「CA SymDump」など)との連携では、「CA Endevor」でソースを管理している場合、遅延原因になっている個所を「CA Endevor」ライブラリからソースコード・レベルで動的に指摘できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045492


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ