パラゴン、Windows 8対応のHFS+ファイルシステムドライバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パラゴン、Windows 8対応のHFS+ファイルシステムドライバを発売


掲載日:2013/03/14


News

 パラゴンソフトウェア株式会社(パラゴン)は、WindowsからMac OS標準のHFS+ボリュームを読み書きでき、ファイルの削除や新規ファイルの作成、コピーなどを行なえる、ファイルシステムドライバの新版「Paragon HFS+ for Windows 10」(HFS+ for Win)を発売した。

 「HFS+ for Win」は、Windowsにインストールすることで、HFS/HFS+形式でフォーマットされたファイルシステムへのフルアクセスを可能にするドライバソフトウェア。ファイルシステムの違いを意識せずに、WindowsエクスプローラからHFS+フォーマットのボリュームに対して、Windowsの標準ドライバと同等の速度でファイルを読み書きでき、WindowsとMac OSを併用するユーザに適している。

 今回の新版では、Windows 8にも対応した。


出荷日・発売日 2013年3月13日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバーOS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバーOS」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045491


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバーOS > その他サーバーOSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ