パンドウイット、省エネ対応の熱対策キャビネットシステムを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パンドウイット、省エネ対応の熱対策キャビネットシステムを発表


掲載日:2013/03/14


News

 パンドウイットは、冷気と暖気を分離し、データセンタの設定温度を上げて冷却システムのエネルギー消費量を最大40%削減できる「PanduitNet-Access熱対策キャビネットシステム」(Net-Accessキャビネット)を発表した。

 「Net-Accessキャビネット」は、キャビネット当たりの消費電力を向上させた高密度実装を行なえるため、スペースの有効活用を図りながら、エネルギー効率の向上を図れる。密閉性に優れ、高い省エネ性能を達成しているほか、暖気の再循環から起こる吸気ファンの作動が抑えられ、キャビネットの電力効率が向上することで、冷却費用の減少とスペース効率の改善を図れる。

 Net-Accessキャビネットと密閉用アクセサリで、キャビネット全体の空気漏れを防止できるほか、Net-Access吸気エアーダクトが冷気の再循環を防止するため、ファンのエネルギー消費量を抑えられる。また、Net-Contain垂直排気ダクトとコールドアイル密閉システムが、暖気の再循環や冷気との混合を防止し、室温と冷却水の設定温度を上げてPUEの低減を図れる。

 Net-Containコールドアイル密閉システムは、キャビネットの電力密度を向上させられ、高密度エリアの機器に適切に冷気を運び、キャビネットスペースと冷却効率の最大化を図れる。また、Net-Contain垂直排気ダクト(VED)システムは、キャビネット当たり30kw以上の高密度熱負荷をサポートし、電源が不要なパッシブな方式で冷気と暖気を分離して、動作中の機器からCRAHエアリターンシステムに暖気を誘導する。

 「Net-Access Nタイプキャビネット」は、高密度ネットワークやストレージ、コンピュータアプリケーションを利用するデータセンタ管理者やシステムインテグレーターをサポートする。インセットフレーム構造を採用したことで、大量のケーブルを効率的に管理でき、運用コストの削減を図れる。キャビネットは幅800mmで、エアフローを最大化でき、稼働機器へのアクセスを容易に行なえるデザインを採用している。

 「Net-Access Sタイプキャビネット」は、サーバやネットワーク用キャビネットとして、費用対効果と機能に優れている。稼働中の機器を安全に収容でき、床スペースを15%節約できる。様々な幅/高さ/奥行きの製品が用意され、様々な施設のデータセンタ管理者とシステムインテグレーターのニーズに対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045486


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ