採用:横浜高速鉄道、みなとみらい線でWi2の無線LANサービス開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:横浜高速鉄道、みなとみらい線でWi2の無線LANサービス開始


掲載日:2013/03/14


News

 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、横浜高速鉄道株式会社が運営するみなとみらい線の全駅で、公衆無線LANサービス「Wi2 300」の提供を3月16日より順次開始すると発表した。

 今回のみなとみらい線の全駅改札内(ホーム・コンコース)への無線LANのサービス導入により、Wi2のユーザは同鉄道を利用する際にインターネットサービスが利用できるようになる。

 導入個所と導入スケジュールは、横浜駅、みなとみらい駅、元町・中華街駅が3月16日、新高島駅、馬車道駅、日本大通り駅が4月中予定であるとしている。利用手順は、“Wi2premium_club”のSSIDに接続して、ネットワークキーを入力後、ブラウザを立ち上げてIDとパスワードを入力することでインターネットに接続できる。もしくは接続ツール“Wi2 Connect”を使えば、自動接続が可能である。“Wi2premium_club”は、暗号化技術WPA/WPA2(802.11i)に対応していて、高セキュリティ環境でインターネットを利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045470


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ