エプソン、常設向けプロジェクタ6モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、常設向けプロジェクタ6モデルを発売


掲載日:2013/03/13


News

 エプソンは、ビジネスプロジェクタの新製品として、大会議室やイベント会場で、フルカラーコンテンツを明るく、鮮やかに映しだす常設向けプロジェクタ6モデルを、3月29日から順次発売する。価格はオープン価格。

 今回発売されるのは、明るさ6000ルーメン/解像度WUXGAの「EB-G6900WU」「EB-G6750WU」、同5200ルーメン/WUXGAの「EB-G6550WU」、同6500ルーメン/WXGAの「EB-G6250W」、同5500ルーメン/WXGAの「EB-G6050W」、同7000ルーメン/XGAの「EB-G6350」の6モデルで、コントラスト比はいずれも5000:1(オートアイリス使用時)。

 いずれも、フルカラーコンテンツ投写時の明るさと高画質に加え、大会議室や講堂、イベントなどで常設する際に求められる“設置のしやすさ”や“高い信頼性”も備えている。また、再現できる色域が広い3LCD方式で色再現性の高いカラー映像を高光束で投写できる上、無機素材を採用した液晶パネル“C2FINE”を搭載し、黒のしまった映像を映し出せる。

 動きの速いスポーツなどの映像をジャギー感なく再生するなど、映像再生のクオリティを向上する高画質化回路“DCDiチップ”を搭載しているほか、スピード感のある映像も残像感を抑えた、シャープで美しい映像で投写できる“フレーム補間技術”や、レントゲン写真などの医療のイメージを確認するための“DICOM SIMモード”を搭載し、DICOM Part14に準拠した階調表現を行なえる。

 限られたスペースでも大画面を投写できる焦点距離の短いレンズを標準搭載しているほか(「EB-G6900WU」はレンズ別売)、様々なオプションレンズが用意されている。レンズセンタデザインを採用しているほか、上下左右のレンズシフトを行なえるため、設置の自由度が向上している。また、「EB-G6900WU」「EB-G6750WU」はHDBaseT端子を搭載しているほか、「EB-G6900WU」は放送業界でスタンダードのHD-SDI端子を搭載し、最大100mの長距離転送を行なえる。

 保証期間は購入後3年で、保障期間中のトラブルにも迅速に対応する。動作温度0〜45度で、稼働時の環境温度の上昇リスクにも対応する。また天井での常設利用でも、本体への埃の進入低減を図れ、本体内部の冷却効率を最適化する大型静電フィルタを備えているため、一般的な環境の場合で約1万時間メンテナンスが不要で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045461


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ