アール・アイ、サーバ用ハイブリッド型バックアップソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アール・アイ、サーバ用ハイブリッド型バックアップソフトを発売


掲載日:2013/03/12


News

 株式会社アール・アイは、ソフトウェア自体にクラウドストレージの使用権が付属し、社内のストレージと専用のクラウドストレージへ同時にバックアップできる、サーバ用ハイブリッド型バックアップソフト「Air Back Plus for Server」を発売した。

 「Air Back Plus for Server」では、専用アプリをインストールすることで、サーバ内のデータをリアルタイムに保護できる。バックアップ先はNASやサーバなど社内に存在するストレージのほか、クラウド上に生成されるユーザ専用のストレージ領域も指定でき、ローカルとクラウドへ同時にバックアップすることもできる。また、サーバ内すべてのデータは社内のNASへバックアップし、特に重要度の高いデータはクラウドにもバックアップしておくなど、細かなニーズに合ったバックアップ設定を1本のソフトウェアで行なえる。

 ファイル単位でバックアップを実行できる。サーバ内の変化を自動的に読み取り、変化したファイルだけを差分としてバックアップするため、バックアップにかかる時間を短縮でき、フルバックアップは導入時の1度で済む。

 インストールされると、自動的に共有フォルダを見つけてバックアップ元候補として推奨するため、システム専任の担当者が不在の企業でも利用できる。また、ファイルは圧縮/暗号化されてからクラウドサーバに保管される。

 対応OSは、Windows Server 2003/同R2/2008/同R2/2012と、Windows Storage Server 2003 R2/2008/同R2/2012。


出荷日・発売日 2013年3月11日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?! アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ?

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045426


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ