エルネット、ファイル転送サービスにウイルスチェック機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エルネット、ファイル転送サービスにウイルスチェック機能を追加


掲載日:2013/03/12


News

 株式会社エルネットは、大容量のファイル転送が可能な有料のオンラインストレージサービス「宅ふぁいる便ビジネスプラス」に“ウイルスチェック機能”を追加した。

 “ウイルスチェック機能”では、通常送信の画面で“送信前にウイルスチェックを実施する”というチェックボックスにチェックを入れることで、Symantec社の最新ウイルス定義ファイルでウイルスチェックを行なえる。

 チェックの結果は、送信者のメールアドレスへ通知される。ウイルス感染したファイルが発見された場合は、ファイルの送信が取消され、送信画面にセットしているファイルがすべて削除されるため、より安全なファイル送信が可能になる。

 “ウイルスチェック機能”を利用しても、「宅ふぁいる便ビジネスプラス」の利用料金は変わらず月額525円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

「Office 365」を使うと“Microsoft仕込み”のセキュリティ対策が付いてくる? 【日本マイクロソフト】 マルウェア対策のBPO型クラウドサービス「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」 【NECキャピタルソリューション】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
「Office 365」を使うと“Microsoft仕込み”のセキュリティ対策が付いてくる? 事例●マルウェア対策の見直しで情シスの管理負担をほぼゼロに! インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045405


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ