提携:Fon、ドイツで無線LAN構築に向けドイツテレコムと提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:Fon、ドイツで無線LAN構築に向けドイツテレコムと提携


掲載日:2013/03/12


News

 Fonは、ドイツテレコムとドイツの無線LANネットワークを構築するためのパートナーシップを結ぶと発表した。同無線LANネットワークは「WLAN TO GO」の名称で、夏より開始されるとしている。

 ドイツテレコムはドイツ全土に1200万人のブロードバンド加入者と1万2000以上の無線LANスポットを持っている。 今回のパートナーシップは同社のネットワーク拡大戦略をサポートするもので、利用者に高速ネットワークやリソース共有を提供するために、2016年までに全国で250万「WLAN TO GO」スポットの提供を目指すという。

 Fonは現在100ヵ国以上に無線LANスポットを持つ無線LANネットワーク。イギリス、フランス、スペイン、ベルギー、クロアチア、ブラジルといった国々でユーザはブロードバンドネットワークを共有し、Fonネットワーク内の700万以上のスポットに無料でアクセスできる。

 ネットワークへの加入方法については、ドイツテレコムのブロードバンド加入者は同サービスに登録して、インターネット接続の未使用容量を他のユーザと共有することで、世界中の数百万のFon無線LANスポットに無料でアクセスできる。FONサービスの利用によって家庭内のみで使用するプライベートネットワークと、他のメンバーと共有するパブリックネットワークの2つのネットワークが生成されるが、これらは安全であると同時に、プライベートネットワークが常に優先されるので、共有することでインターネット速度が遅く感じることはほとんど起こらないとしている。



関連キーワード

「フォン・ジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 【日立システムズ】 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 【日立システムズ】 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 【ネットワールド】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
ERP ERP ストレージ仮想化 認証 勤怠管理システム
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045402



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ