リバーベッド、アライアンス強化しVMware Horizon Viewと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、アライアンス強化しVMware Horizon Viewと連携


掲載日:2013/03/12


News

 米Riverbed Technology(リバーベッド)は、企業などの組織・団体が「VMware Horizon View 5.2」を利用している場合に、一貫したエンドユーザエクスペリエンスを提供できるソリューションを米VMware,Incと共同で開発したと発表した。

 今回の協業により、リバーベッドの一連のパフォーマンスソリューションと「VMware Horizon View」との連携をサポートできるようになったとし、仮想デスクトップ戦略でも「VMware Horizon View」と「Riverbed Granite」との連携についての認証が得られ、高速化、制御、管理が容易になると伝えている。

 「Riverbed Granite」は、広域ネットワーク(WAN)で課題となる、帯域幅の制限、遅延、予期しない機能停止などを解決し、遠隔地での仮想化デスクトップの利用を円滑化する。「VMware View Branch Office Desktop」(BOD) と「Business Process Desktop」(BPD)をあわせて使用すれば、データセンタでの統合や管理を維持しながら、「VMware Horizon View」のユーザは優れたデスクトップ体験を得られるとしている。

 また、リバーベッドのソリューションが通信品質を高めることで、WAN最適化の機能とともに、同一通信網上で送受信されるデータを含めPCoIPの優先順位をきめ細かく設定する機能を利用できるため、ユーザは業務アプリケーションの必要性と仮想デスクトップの利便性をバランスよく活かせるという。

 「Riverbed Stingray Traffic Manager」との連携では、通信の高速化、事業継続、アプリケーション・レベルでの細かい管理が可能になる。セキュリティ上の脆弱性、アプリケーションのバグあるいは互換性などの問題に対処する、負荷分散ルールを記述するプログラミング言語である「Riverbed Stingray TrafficScript」も提供する。

 「Cascade 10.0」の機能により、必要なネットワークパフォーマンス管理ができ、ユーザは仮想デスクトップインフラ(VDI)に問題がある場合に、それがどこにあるかを検知し修正できる。また、PCoIPプロトコルによるスクリーンリフレッシュ、プリント、タイプなどの操作を可視化できる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 【KDDI】 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 【日本テレネット】 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 【富士通株式会社】 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは? 【VAIO】
開発ツール IaaS/PaaS FAXサービス データ分析ソリューション ノートパソコン
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045398



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ