フリービット、スマホ向けクラウド型VoIPシステムをOEMで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フリービット、スマホ向けクラウド型VoIPシステムをOEMで提供


掲載日:2013/03/12


News

 フリービット株式会社は、SDN関連技術“Emotion Link”を使用して、“独自スマートフォン間無料通話サービス”を1ヵ月程度で構築できる、スマートフォン向けクラウド型VoIPシステム「CloudVoIP」を開発し、無料通話・チャットアプリ提供事業者や、ISP・CATV・MVNO事業者、法人向けのIP-PBXの販売を行なう事業者へのOEM提供を開始する。

 「CloudVoIP」は、LINE・カカオトーク・commなどの“ソフト間無料通話サービス”に加え、Skype・050 plusといった“一般電話と通話できるサービス”を簡単に構築できる。“Emotion Link Active node”を使用して、アプリ自体とサーバとの間に、VPN(仮想プライベートネットワーク)を構築するため、様々なネットワーク環境(3GやWi-Fi)で、盗聴などを回避でき、セキュリティの高い通話を行なえる。

 同一アプリ間での通話料金を無料化できるほか、050番号から一般電話(固定電話や携帯電話など)への発着信を行なえ、IP電話と同様に通話料金を抑えられる。また、“バッテリー消費ゼロモード”が用意され、アプリの常時起動不要でサーバからのプッシュ通知で着信させられるため、バッテリの消費を抑え、長時間の待受を行なえる。

 OEM提供を行なう企業は、要望に応じて柔軟なシステム導入を図れる。センタシステムは、「クラウド型」と「SI型」から選択でき、「クラウド型」は、1ヵ月程度で“独自VoIPサービス”を開始できる。準備・運用・管理までを同社に任せることで、短期間でのサービス提供開始が支援される。また、「SI型」では、ユーザの要望に合わせたシステム構成に対応するカスタマイズ性の高いセンタシステムが提供される。

 ユーザインターフェースまでを含む“準完成品”として提供でき、社内にスマートフォンアプリの開発ノウハウを有していない、開発リソースが足りない、という場合に適している。また、“必要コンポーネント(部品)”のみの提供にも対応し、例えば、既にチャットアプリを提供していて、追加機能としてアプリ内だけでの通話機能が必要な場合や、アプリ内だけでの通話機能に加え、050番号での一般電話への通話機能が必要な場合などには、要望に応じた“追加したい”コンポーネントの提供が行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045391


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ