メディアドライブ、アプリに名刺OCRを組み込むライブラリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


メディアドライブ、アプリに名刺OCRを組み込むライブラリを発売


掲載日:2013/03/11


News

 メディアドライブ株式会社は、サーバ向けアプリケーションに名刺OCR機能を組み込むためのライブラリの新バージョン「名刺認識ライブラリ v.2.0 for Linux」を3月18日に発売する。

 「名刺認識ライブラリ v.2.0 for Linux」では、新しく高精度な名刺認識エンジンを搭載している。日本語の名刺では、認識結果を氏名や社名などの各フィールドに振り分ける処理や、斜体で記載された英字(URL/メール)の認識精度、振り仮名の認識などが改良されている。英語の名刺では、斜体で記載された英字(URL/メール)の認識や、アルファベットで記載された日本語住所の認識・振り分けにも対応している。認識言語は日本語・英語に加え、中国語と韓国語の名刺を認識できるようになった。なお、中国語住所の振り分けは中国(本土)・台湾・香港のみ。

 市販のフラットベッドスキャナや複合機を使用して名刺を取り込む際に、ランダムに配置された名刺を自動で切り抜く機能を搭載しているほか、カメラで撮影した画像から名刺部分だけを自動でトリミングする機能と、色彩補正機能が新たに搭載された。色彩補正では、カメラ撮影時の照明による影響を低減でき、オリジナルに近い色情報を再現できる。

 これらにより、ソフトウェアや業務システム(例:顧客管理システム・グループウェア・受付案内システム)などに名刺OCR機能を容易に追加できる。

 価格は、「名刺認識ライブラリ v.2.0 for Linux 開発キット」が50万円、「年間保守サービス」が10万円。なお、同ライブラリを使用した商品を配布するには別途ライセンス費用が必要。


出荷日・発売日 2013年3月18日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 【日本アイ・ビー・エム】 マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する? 【CA Technologies】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する? サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045389


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ