事例:JMAS、CA Technologiesのレプリケーションを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:JMAS、CA Technologiesのレプリケーションを採用


掲載日:2013/03/11


News

 CA Technologiesは、株式会社ジェーエムエーシステムズ(JMAS)が「CA ARCserve High Availability」を採用し、その導入事例を専門サイト“Data Protection Made Simple”に追加したと発表した。

 「CA ARCserve High Availability」は、本番サーバで更新されるデータをほぼリアルタイムに他のサーバへ複製して、複製先には常に複製元のデータと同じものを保存するレプリケーション技術を装備した製品。障害が発生した場合でも遠隔地にあるサーバを利用して運用を簡単に切り替えられる。

 JMASは、2012年のサーバ14台の契約更改を契機にサーバ仮想化を行なった。この検討を進める中、東日本大震災が発生したことから、事業継続の担保を重要視した経営層からの要望もあって遠隔地へのバックアップもあわせて検討することになった。

 同社はデータの変更部分だけを送信できてネットワーク帯域に負荷をかけないデータ・レプリケーションに着目したほか、Microsoft Hyper-Vでも利用できるレプリケーション・ソフトウェアとして「CA ARCserve High Availability」を採用した。

 その結果、既存のネットワーク経由で、Hyper-V上の業務システムを遠隔地の支社へ複製でき、クラウド利用よりも安い運用コストで事業継続計画を構築できた。同製品が選ばれた要因としては、ユーザインタフェースが日本語化されていてわかりやすく、システムの切り替えが容易である点が高く評価されたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045377


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ