提携:NSW、データセンタアライアンスに参加し協業を推進

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NSW、データセンタアライアンスに参加し協業を推進


掲載日:2013/03/11


News

 日本システムウエア株式会社(NSW)は、株式会社TOKAIコミュニケーションズが主幹となっている“データセンタ事業に係る戦略的ビジネスアライアンス”(データセンタアライアンス)へ参加したことを発表した。

 この取組みは、国内データセンタ事業者間を接続し、遠隔地バックアップや相互サービスについて連携するものであるという。

 NSWによると、東日本大震災以降、広域災害に備えたBCP(Business Continuity Plan)やDR(Disaster Recovery)対策としてのデータセンタ利用が改めて注目されている。同社では、これまでTOKAIコミュニケーションズとネットワーク回線サービスの提供や、データセンタ関連サービスの連携などを行なってきたが、ユーザの複雑化・多様化するニーズに応えるため、データセンタアライアンスのスキーム(枠組み)による協業を推進することとなった。

 現在、同社は東京、山梨の2ヵ所でデータセンタで運営を行なっているが、今回のデータセンタアライアンスへの参加により、北海道から北陸、関東、中部、関西、中国地域など、全国規模でのサービス提供ができるようになるという。今後は、データセンタ運用ノウハウやシステムエンジニアによる24時間365日のテクニカルサポートなどを、データセンタアライアンス事業者と連携し提供していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を 【Sansan】 ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点 【日本ヒューレット・パッカード】
暗号化 暗号化 CRM SFA 垂直統合型システム
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045366



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ