日本テラデータ、ビッグ・アナリティクス・アプライアンスを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本テラデータ、ビッグ・アナリティクス・アプライアンスを出荷


掲載日:2013/03/11


News

 日本テラデータ株式会社は、リレーショナルDBとMapReduce技術を統合した並列処理型ソフトウェア「Aster」とオープンソース「Apache Hadoop」を統合化した、ビッグデータ分析プラットフォーム「Teradata Aster Big Analytics Appliance」の出荷を開始した。価格は最小構成で4500万円から。

 「Teradata Aster Big Analytics Appliance」は、Webアクセスログやテキストデータ、マシン・センサログデータといった大量の多構造化データ、いわゆるビッグデータを分析するための「Aster」と、大規模データの収集・蓄積・分散処理を行なう「Apache Hadoop」を、単一キャビネットに統合して最適化したアプライアンス製品で、Aster SQL-MapReduceとAster SQL-Hを搭載している。

 Aster SQL-MapReduceは、多構造化データを分析する際に高頻度で利用される約70のMapReduce処理を関数として事前にパッケージ化し、分析ユーザがSQLの関数として呼び出せる機能。多構造化データに対する並列分析処理をSQL記述とほぼ同等のスキルで対話的・反復的に実施できる。Aster SQL-Hは、Hadoopに対しても、SQLやSQL-MapReduceで直接アクセスできる機能で、同じキャビネット内のHadoopに透過的にアクセスできる。

 データサイエンティストやプログラミング言語に通じたエンジニアに加え、ビジネスアナリストなどが、SQLやSQL-MapReduceを使用することで、構造化データと多構造化データの両方を扱えるようになり、高速・高効率にビッグデータ分析の反復サイクルを回せる。

 単一のキャビネットに、Aster SQL-MapReduceフレームワークや、約70種類のMapReduce処理を関数として事前にパッケージ化したAster MapReduce Analytics Portfolioを備えたAster DB、Hadoopベースのデータ管理プラットフォームのHortonworks Data Platformを統合して構成できる。また、大規模な分析を行なうために、ノード当たり256GBのメモリとインターコネクトにInfinibandを採用している。また、Webベースの管理・監視アプリケーション「Teradata Viewpoint」を利用して、Aster DBやHadoopクラスタ内での操作を監視・管理できる。

 これらにより、ソーシャルメディアやWebクリックストリームなどのインタラクション・データをソースにした多構造化データを活用でき、消費者の関心やニーズ、購買意欲などに対する評価を更に正確に把握できる。


出荷日・発売日 2013年3月7日 出荷
価格 最小構成:4500万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】 インテルITセンター 【インテル】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 ビッグデータを基に瞬時に意思決定――リアルタイム分析に必要な機能とは 「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045356


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ