事例:CyberZ、DB基盤にFusion-io社の「ioDrive」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:CyberZ、DB基盤にFusion-io社の「ioDrive」を導入


掲載日:2013/03/08


News

 株式会社CyberZは、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」のDB基盤にFusion-io社の提供する「ioDrive」を採用したことを発表した。

 「Force Operation X」はスマートフォンを活用したプロモーション効果の把握・分析が可能なスマートフォン広告向けソリューションツール。「Force Operation X」を介して取り扱うデータ量の増加にともない、DB・サーバ台数を増やすことで負荷分散の対応を行なっていた。

 これらの状況に対応すべく、高速なディスクI/Oと高い信頼性が特長であるFusion-ioの「ioDrive」を導入したとしている。「ioDrive」の導入により、分散していたDBサーバを集約することができ、データ処理の高速化とサーバ台数の削減を可能にした。また、運用負荷の軽減、省電力化によるコスト削減もできた。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実 【日本ヒューレット・パッカード】 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 「ストレージ環境」に関するアンケート 【伊藤忠テクノソリューションズ、EMCジャパン、デル】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? ギフト券5000円分が当たる★ストレージ環境に関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045346


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ