コアマイクロシステムズ、クラウド向けフロントストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロシステムズ、クラウド向けフロントストレージを発売


掲載日:2013/03/08


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、クラウドでの利用を考慮した高効率フロントストレージソリューション「CLOUD FRONTYEAR」シリーズを発売した。価格はオープン価格。

 「CLOUD FRONTYEAR」シリーズでは、従来のオンプレミス的なストレージ導入/運用のイメージを基本にしながらシームレスにクラウドと融合でき、無駄を省いた高効率なクラウド階層型のストレージを構成できる。

 標準ストレージインターフェース/プロトコル(SAN/NAS)に対応している。ローカル性能を確保するための階層型キャッシュ構造やクラウド階層型ストレージ構造に加え、自動的にDRを行なえるCLOUD TIER型ストレージ構造を備え、DR構造を備えるための重複したストレージリソースが不要。また、圧縮/重複排除/WAN QoSに対応し、効率にも優れている。

 HTTPS/AES(Advanced Encryption Standard)256ビット暗号化を用いて、低価格/高速/安全にインターネットに接続する方式が採用されている。ローカル/プライベートクラウド/パブリッククラウドに同時対応できる。また、SLA保証型の低価格クラウドストレージを用いて容量を無制限に拡張できる。

 ラインアップとして、エンタープライズ向けクラウド階層型ユニファイドストレージ「WIN CLUSTOR CLOUD TIER」と、エンタープライズ向けクラウド階層型仮想統合移行用ファイルサーバ「UNI FILER CLOUD TIER」、ビジネス/エンジニアリング向けリアルタイム共有型クラウドファイルサーバ「SYNC FILER CLOUD SHARE」、広域モバイル/オフィス向けセキュア分散クラウド型共有ファイルサーバ「GLOBAL FILER CLOUD SHARE」、事業継続/災害対策向けハイブリッドクラウドDRバックアップ「FLEX SAFE CLOUD DR」、各種セキュリティ/コンプライアンス向け高効率セキュアクライドアーカイブ「FLEX ARCHIVE CLOUD SYNC」、仮想環境向けクラウドストレージゲートウェイアプライアンス「CLOUD ARRAY VSA」(VSA:バーチャルストレージアプライアンス)が用意されている。


出荷日・発売日 発売済
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20045335


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ